裁  判

ホーム / 裁判

裁判について

裁判での請求額が140万円以下の場合、簡易裁判所で訴訟を起こすことができます。 また、簡易裁判所に起こす60万円以下の金銭の支払い請求であれば、1日で審理が終わる少額訴訟という制度もあります。
このとき、認定を受けた司法書士が代理人となって訴えを起こすことや、訴えられた側の代理人となることも可能です。

裁判は、訴えを起こす場合も、訴えられた際に反論する場合であっても、ともに体力的・精神的に疲労を伴うものです。
当事務所では、上記の代理人となることはもちろん、裁判所(地方裁判所、家庭裁判所など)へ提出する書類の作成業務も行っています。 お気軽にご相談下さい。

よくご相談いただくケース 交通事故の損害賠償を請求したい・家賃を請求したい ・敷金の返還請求をしたい離婚に伴い、慰謝料・養育費の請求をしたい未払いの賃金・退職金を請求したい

裁判手続き 受任の流れ

例)簡易裁判所に訴えを起こす場合

面談

ご予約の上、当事務所にお越しいただき、お話をお伺いします。

訴訟の提起

訴えを起こす旨の書類(訴状)を簡易裁判所に提出します。

訴状の送付

相手方に訴状が送られます。

以後、綿密な打ち合わせを重ねながら、裁判に対応してまいります。

ページの先頭へ戻る

個人のご相談

  • 相続・遺言
  • 裁判
  • 債務整理
  • 成年後見のサポート
  • 交通事故相談

法人のご相談

  • 企業法務サポート
  • 会社設立登記

その他のご相談

  • 各種手続き
ご相談・お問合せはtel:0798-37-1517またはボタンをクリックしてお問合せください 事務所・アクセス 司法書士吉岡ブログ ペット法律センター 森林再生プロジェクト

司法書士会リンク